コスパを考えた監視カメラ|ドロボーも不審者も一目散に退散

警備員

日中と夜間の撮影

防犯対策の要となる監視カメラは、設置したい場所や目的に合った種類を選ぶようにしましょう。また、監視したい時間帯を決めておくと、より状況に沿ったカメラを見つけることができます。

カメラの本体価格を調査

防犯カメラ

自分では防ぎようのない、空き巣や迷惑行為から身を守るためには、自宅への監視カメラ導入を検討してみましょう。ひと昔前は、特定の施設や企業などに設置されているイメージ監視カメラでしたが、低価格の商品が開発されて、今までよりも購入にかかる費用がおさえられるようになりました。

自宅に監視カメラを設置するには、まずコスパを考えて導入するようにしましょう。毎日起動させることになるので、消費電力がどのぐらいになるのか、設置するカメラを何台購入するかなど、見積もりを出す必要があるでしょう。自宅のどこにカメラを設置するかで、必要な台数を割り出すことができます。家全体の大きさや、階数から考えて死角になる部分をチェックしてみましょう。玄関や車庫など目立つ場所にカメラを設置すると、防犯アピールにもなるのでおすすめです。裏庭や勝手口付近は死角になりやすいので、監視カメラを1台設置しておけば安全性が増すでしょう。ドロボーも不審者も一目散に退散していくはずです。

何故監視カメラを設置したいのか、目的は個人によって異なるでしょうから、目的に応じた機能を持ち合わせた商品を選ぶことも大事です。カメラには赤外線照射や動体検知機能など、様々な機能があります。これらの特徴を活かすためにも、機能に関する理解は大まかでも良いので理解しておきましょう。また、画素数の違いで、映像や画像の画質が変わってきます。室内または室外の状況に合った画素数を計算して、テスト撮影を行ないながら設置するカメラを探してみましょう。専門会社に依頼すると、調査から見積もりまで行なってくれます。

積み木の家とロック

防犯グッズの合わせ技

家族の安全を守りたい、そのように考えて監視カメラを設置する方も増えています。導入する際は、カメラ本体に加えて、遠隔操作に役立つ液晶モニターや、併用して使える防犯グッズも購入しておきましょう。

ウーマン

留守中のペットの様子確認

自宅を留守にする際に、ペットの様子を確認したいと思う飼い主さんも多いでしょう。そのような場合は監視カメラを設置して、音声や映像をチェックできるようにしてみましょう。