日中と夜間の撮影|コスパを考えた監視カメラ|ドロボーも不審者も一目散に退散

コスパを考えた監視カメラ|ドロボーも不審者も一目散に退散

日中と夜間の撮影

警備員

近年、悪質な犯罪も増えて、自己防衛への意識が高まっています。そんな中、個人でも導入できる防犯グッズが監視カメラです。価格や機能も様々で、本体価格が1万円をきる商品も発売されているので、導入に関しても従来より楽になっています。初めて監視カメラを設置する場合は、専門会社に依頼して相談しながら、設置する商品を選んでいきましょう。専門会社なら、見積もりや設置場所に関するアドバイスを行なってくれますし、カメラの機能に関する知識も豊富なので、適切な商品選びが行なえます。

専門会社に依頼する前に、何故監視カメラを設置したいのか、目的を明確にしておきましょう。防犯を未然に防ぎたいのか、隣人トラブルの証拠映像を撮影したいのか、その目的は個人によって異なってきます。例えば、防犯を未然に防ぎたい場合は、まず自宅の表と裏、側面や死角など多方面にカメラを設置しましょう。最近では、玄関から堂々と侵入してくる空き巣もいます。そのような侵入者への威嚇や、証拠映像の撮影のためには玄関エリアのカメラ設置も欠かせません。人目につかない場所から侵入する空き巣が多いので、自宅の裏にあたるエリアや、隣家との境目エリア近くなどが映るように設置しておくと良いでしょう。

撮影する時間帯を決めておけば、より最適な監視カメラを導入することができます。日中だけの撮影なら、赤外線照射の機能は不要になり、かわりに画素数が高い商品を選ぶ、夜間のみの撮影であれば、赤外線照射に加え、動体検知機能も兼ね備えておく、など状況に合った商品が探しだせます。