留守中のペットの様子確認|コスパを考えた監視カメラ|ドロボーも不審者も一目散に退散

コスパを考えた監視カメラ|ドロボーも不審者も一目散に退散

留守中のペットの様子確認

ウーマン

一人暮らしでペットを飼っている方は、外出のたびに室内の様子が気になってしまうでしょう。何故ならペットの安全を確認してくれる人が、自分以外にいないので何かあっても即座に対応できないからです。また、外部からの侵入者から守ってあげることが難しいので、出かけるたびに帰宅を急ぐことになってしまいます。しかし、仕事やどうしても早く帰ることができない場合もあるでしょうから、そのような状況に対応できるように監視カメラを設置しておきましょう。室内に設置できる監視カメラも販売されているので、ペットの映像を外出先からもチェックすることができます。

ペットの様子をチェックしたい時は、監視カメラの撮影可能角度が広く、カメラレンズの動きが可能になっている商品を選びましょう。稼働範囲は、左右で270度、上下で70度以上であれば最適だと言えます。この稼働範囲であれば、ペットの多様な動きにも対応できるでしょうし、室内全体の映像を撮影することができます。

スピーカー機能が搭載されていれば、外出先からもペット鳴き声や、室内音声の確認が可能です。また、こちらからの呼びかけも行なえるので、ペットが喜んで寂しがる時間も減ることでしょう。外出先から監視カメラを操作するなら、アプリのダウンロードが必要になってきます。市販品なら購入価格をおさえて導入することもできますが、配線工事が必要な場合は、専門会社に依頼して見積もりも任せておきましょう。